○茨城北農業共済事務組合職員希望降任制度実施要綱

(平成24年3月5日)

(訓令第1号)

(目的)

第1条 この要綱は,職員本人の降任に対する希望を尊重し,当該職員の能力と意欲に応じた任用を行うことにより,組織の活性化を図ることを目的とする。

(対象職員)

第2条 対象とする職員は,茨城北農業共済事務組合職員定数条例(平成12年条例第5号)第2条に規定する職員のうち,茨城北農業共済事務組合職員の補職名規則(平成19年規則第2号)第2条中,係長以上の職にある者とする。

(定義)

第3条 この要綱での降任とは,職員を現に有する補職より下位の補職に任命することをいう。

(基準)

第4条 任命権者は,職員自ら降任を希望した場合,当該職員を降任させることができる。

(申出の方法)

第5条 降任を希望する職員は,希望降任申出書(別記様式)により,当該年度の1月末日までに管理者に申し出るものとする。

(降任の時期)

第6条 降任の時期は,申出日の属する年度の翌年度の定期人事異動の時期とする。ただし,必要と認められる場合は,この限りでない。

(給料の取扱い)

第7条 降任者の給料は,茨城北農業共済事務組合職員の初任給,昇格,昇給等に関する規則(平成12年規則第15号)によるものとする。

(適用除外)

第8条 この要綱は,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条第1項各号に該当する場合には,適用しない。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか,必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,公布の日から施行する。

(経過措置)

2 希望降任申出書の提出期限「1月末日」は,平成23年度はこの限りでないものとする。


別記様式(第5条関係)

管理者

副管理者

事務局長

次長

総務課長

副参事

課長補佐

係長

課員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希望降任申出書

年  月  日

茨城北農業共済事務組合管理者 殿

所属名              

補職名・氏名          

茨城北農業共済事務組合職員希望降任制度実施要綱第4条の規定により,次のとおり降任を希望します。

1 希望する補職名                                

                                         

2 希望する事由                                 

                                         

                                         

≪総務課記入欄≫

生年月日

(年齢)

年  月  日

(  歳)

採用年月日

昭和

平成

年  月  日

在課年数

在補職年数

(うち在課補職年数)

(  年)

経過

 

適切と考えられる降任等内容