農作物共済

家畜共済

果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
 

茨城北農業共済事務組合
〒313-0014
茨城県
常陸太田市木崎二町1733-1

TEL:0294-72-6227
FAX:0294-72-2093

 

【NOSAI事業】

畑作物共済(大豆)

○共済対象

 大豆
 栽培している耕地すべてについて加入する必要があります。

○加入資格

 5アール以上栽培している農家です。
 または、一定の要件を満たした生産組織も加入する事ができます。
 全相殺方式では、農協等の出荷資料から収穫量が適正に確認できる農家が対象となります 。

○共済責任期間(補償される期間)

 発芽期から収穫(圃場乾燥中を含む)するまで

○加入方式と補償割合

加入方式 補償割合 支払開始
損害割合
説明
半相殺方式 8割 2割

被害のあった耕地の減収量の合計が、その農家の総基準収穫量の2割を超える減収分から補償されます。

全相殺方式 9割 1割 農家の減収量(総基準収穫量−実収穫量)が総基準収穫量の1割を超える減収分から補償されます。
一筆方式 7割 3割 耕地ごとの減収量が(基準収穫量−見込収穫量)がその耕地の基準収穫量の3割を超える減収分から補償されます。
・  基準収穫量とは、基準単収に作付面積を乗じたもの。基準単収は、その年の天候を平年並みとみなし、肥培管理なども通常に行われた場合に見込まれる10アール当たり収穫量です。
全相殺方式では過去の出荷数量等を元に算出されます。

○共済金額(全損のとき補償される金額 です。)

共済金額=(基準収穫量×補償割合)×1キログラム当たりの共済金額)
 (担い手と担い手以外では1キログラム当たりの共済金額が違います。)

○共済掛金(農家からいただく掛金)

 共済掛金=共済金額×共済掛金率
 農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)
共済掛金の55%を国が負担しています。

○共済金の支払(損害があった場合に支払われる金額)

 共済金 =1キログラム当たり共済金額×共済減収量
 1キログラム当たり共済金額に、共済減収量を乗じて算出されます。
共済減収量
半相殺方式 耕地ごとの減収量合計−(総基準収穫量×20%)
(増収分は含みません)
全相殺方式 (総基準収穫量−全耕地の出荷量)−(総基準収穫量×10%)
(増収分も含みます)
一筆方式 基準収穫量×70%−見込収穫量
(耕地ごとに計算します)

このページの上に戻る

Copyright (C) 2010 NOSAI Ibakita Allrights Reserved.